伊豆大事典 - 伊豆学研究会

伊豆大事典 伊豆学研究会

Add: qesyf29 - Date: 2020-12-15 12:42:57 - Views: 3553 - Clicks: 5086

伊豆大事典 紙上博物館/伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会(歴史・地理・民俗) - 近世・江戸時代までの国郡制による. 1 伊豆学研究会伊豆大事典編集委員会刊 『伊豆大事典』(羽衣出版、平成 22 年) 伊豆学叢書第2集 定価9,050円 伊豆に関する項目数1万、約 1,200 頁 表や参考資料が豊富で好評いただいております。 売り切れ、再版見込みなし 今後電子書籍化を予定. ホーム; 伊豆大事典本/雑誌 (単行本·ムック) / 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会/編商品の納期は「最新の納期状況を確認する」ボタンよりご確認ください 確認しました メール便をご利用の場合、同梱は2点(重量1kg)まで 確認しました メール便ご利用でご利用条件外となった場合. 伊豆大事典 紙上博物館. 11 697p S030/5/ 伊豆大事典 紙上博物館 伊豆学研究会伊豆大事 典刊行委員会/編集 静岡 羽衣出版. 支配地域は、伊豆国を中心とし、駿河国・相模国・武蔵国に及び、幕末には甲斐国も管轄した。また、伊豆諸島を管轄下においたこともある。石高は管轄領域の変動に伴い一定しないが、5 - 10万石余。代官は平安末以来伊豆国の江川荘を領する清和源氏大和源氏系の江川家によってほぼ世襲され、享保8年(1723年)-宝暦8年(1758年)の間を除き、当主は代々江川太郎左衛門を名乗のり、統治した。 韮山代官所は、江戸本所南割下水(現在の北斎通り。後に本所から芝へ移転。)と韮山2か所にあり、。江川氏の屋敷内にあった。代官は通常、夏は江戸、冬は韮山に常駐した。江戸役所で武蔵・相模・甲斐、韮山役所で伊豆・駿河の支配を担当。また、代官役所の業務を補佐する出先機関として、伊豆国田方郡に三島陣屋、甲斐国都留郡に谷村陣屋、駿河国富士郡に松岡陣屋、相模国に荒川分一番所が置かれていた。(韮山代官が東海道筋川々普請御用を担当した際は島田陣屋も出先機関になった。). 韮山代官所 参考文献 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 編『伊豆大事典』、羽衣出版、年。関連項目ウィキメディア・コモンズには、韮山代官所に関連するカテゴリがあります。. 『三島アメニティ(いいところ)大百科』(三島アメニティ資源大百科事典委員会編集室/編集, 三島市, ) p.

伊豆の地域活性化や文化の向上のため、平成22年『伊豆大事典』を刊行。文化財の調査を行い、報告書を刊行、自然観察会や文化財ウォークを年2回実施しています。また、研究例会を行い、情報交換の場としています。 主な活動・練習会場. (附指定)北米蔵、南米蔵、裏門、鎮守社、土塀、板塀3棟 1. 水曜定休(年末年始休業12/29~1/4) 10:00~16:00. 著述稿本類430点 1. 6 1207p 図版16p. 伊豆大事典 紙上博物館 - 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会/編 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

伊豆大事典 紙上博物館 - 伊豆学研究会のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 書誌情報 責任表示: 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 編 出版者: 羽衣出版 出版年月日:. See full list on wpedia. 682「大場の久八」の項目に参考資料が多く載っていたので、その資料を所蔵検索して探した。 以下調査した資料.

日蓮宗事典 フォーマット: 図書 責任表示: 日蓮宗事典刊行委員会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日蓮宗宗務院, 1981. 梅名郷土史研究会: 梅名郷土史研究会が作成した梅名地区の資料。梅名の災害、三島の七石等。中郷村誌稿から抜粋。 k212. 682 大場の久八について記述.

日蓮宗事典 フォーマット: 図書 責任表示: 日蓮宗事典刊行委員会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日蓮宗宗務院 東京 : 東京堂出版 (発売), 1981. 著者 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 (編) 近世・江戸時代までの国郡制による伊豆国を範囲として、自然・地理・歴史・民俗・文学・芸術・観光など、広い分野にわたる項目を網羅。. 46平方メートル。地域内の池および井戸を含む) 1.

S030/1/ 静岡大百科事典 静岡新聞社出版局/編 静岡 静岡新聞社 1978. 『式内社調査報告書 第二十巻 山陰道3』(式内社研究会編、皇学館大学出版部、1983年2月) 奈良泰秀「伊豆能売―近代に復活した謎の埋没神―」(『歴史読本』56巻11号、年11月). 江戸幕府大事典. 伊豆学研究会【文化情報】 ―Culture 4 You ~地域の文化を守る、伝える、創る、広める― 『下田街道の風景』の出版を伊豆日日新聞が告知してくれました。 伊豆学研究会まちすけFAX静岡県伊豆の国市大仁597-2 大仁駅前.

^ 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 『伊豆大事典―紙上博物館』羽衣出版 年 isbn, 1031頁 参考文献 編集 岡田芳朗 編『暦の大事典』 朝倉書店 年 p144,317,358,360,372,389 「 三嶋暦師の館 」についてはp318,439. 伊豆学研究会 羽衣出版 /06出版 1207 31cm ISBN:NDC:215. 伊豆大事典 - 紙上博物館 - 伊豆学研究会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

韮山代官江川家関係資料 38,581点 1. 伊豆半島(いずはんとう)は、日本列島のうち本州の南東部に位置する半島。 静岡県の東端部に位置し、南へ約50kmにわたって突き出した半島は東岸に相模灘、西岸には駿河湾があり、最南端の石廊崎から太平洋を望む。. 和書・漢籍類3,507点 1. 研究テーマ: デザイン発想、表示技法: 研究業績: 著書 『かたち・機能のデザイン事典』(共著、丸善株式会社、年) 『mメソッド 多空間のデザイン思考』(共著、近代科学社、年) 『デザイン科学概論』(共著、慶応義塾大学出版会、年). 3 969p 図版17枚 S030/3/ しずおか辞典発見伝 静岡新聞社/著 静岡 静岡新聞社. 伊豆学研究会 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 伊豆学研究会まちすけfax静岡県伊豆の国市大仁597-2 大仁駅前.

伊豆大事典 紙上博物館. この『伊豆大事典』が、伊豆発展のた めの事典として大いに活用して頂けるこ とを祈念するものである。 (はしもと たかゆき/伊豆学研究会・ 伊豆大事典刊行委員会代表) “あんたらにひとつだけお願いがある。一秒で. AmazonでNPO伊豆学研究会, 橋本 敬之の伊豆大事典電子版。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。. 132 大場の久八についての記述あり。 『伊豆大事典』(伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会/編, 羽衣出版, ) p.

橋本氏は npo 法人伊豆学研究会の理事長を務めている。 同会では、伊豆地方の歴史や自然、産業、文化などを網羅した『伊豆大事典』の編さんや、伊豆各地の史料調査などのほか、伊豆の国市田京で地域交流施設「いちごすてーしょん」の運営も行っている。 江川家住宅 7棟 1. 石廊崎権現の帆柱(いろうざきごんげんのほばしら)とは、伊豆七不思議のひとつで伊豆半島先端の石室神社に、江戸時代から伝わる伝説である。 海面から30メートル以上の断崖絶壁の上に、 石室神社 の社殿が 千石船 の 帆柱 を枕に建てられており、これ. 慶長元年(1596年)、徳川家康の家臣、江川英長(永禄3年(1560)~寛永9年(1630年))が伊豆代官職に任命されたのがはじまりとされる。江戸時代初期の段階では伊豆国の大半が三島代官所の支配で、延宝5年(1677年)当時の韮山代官所支配地は4809石余だった。支配領域を増やしていくのは元禄年間以降のことである。 享保8年(1723年)11月、当時の韮山代官、江川英勝の相模国花水橋および戸塚往還圦樋等修造の際、相模国の中原御林伐出しの不正が発覚。英勝は代官職を罷免される。以後、勘定奉行の支配下におかれた。宝暦9年(1759年)、前年に三島代官所が吸収合併されたことにともない、江川英征が韮山代官職に復帰し伊豆国の幕府領を一円支配することになった。その後、江川氏が代々韮山代官を世襲し明治維新を迎える。. 3 ウ: 梅名史誌 四: 梅名郷土史研究会: 梅名郷土史研究会が作成した梅名地区についての資料。史跡、農家の生活、作業について絵入.

文書・記録類33,663点 1. 羽衣出版,. 伊豆大事典 : 紙上博物館. 6 請求記号: gb8-j34. npo法人伊豆学研究会 伊豆大事典刊行委員会代表 橋本敬之編『伊豆大事典』 羽衣出版 平成22年 『伊豆学叢書6 伊豆の古写真集』 特定非営利活動法人伊豆学研究会 平成25年. 10 形態: 14, 1375p, 図版24p ; 30cm 著者名: 日蓮宗事典刊行委員会 書誌ID: BA61075492.

npo法人伊豆学研究会事務局 〒静岡県伊豆の国市三福913-7 <問合せ先> 〒静岡県伊豆の国市大仁597-2 まちすけ (いちごすてーしょん) tel:fax:水曜定休(特別、臨時休業あり). 著者:伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 編 発行元:羽衣出版 出版年:. 4 &92;8,381 (税込&92;9,219). 10 形態: 14, 1375p, 図版24p ; 30cm 著者名: 日蓮宗事典刊行委員会 書誌ID: 伊豆大事典 - 伊豆学研究会 BN00794420. 伊豆大事典 紙上博物館 シリーズ: 著者: 伊豆学研究会伊豆大事典刊行委員会 編 : 出版社: 羽衣出版: 出版年: : 判: a4: ページ: Cコード: isbn:.

①文化財の保護・利活用事業 ・文化財を普及するための刊行事業、古民家の風入れ ・古文書整理受託、静岡大学・茨城大学・青山学院大学との合同調査 ②里山の保全・利活用事業 ・伊豆番匠公募展 ・松崎町峰輪48-1に松崎工房を設置、木工塾を開設した。 ③福祉ふれあい・まちづくり事業. (附指定)造営関連文書(台所葺替之事、台所其外修復書付、韮山御屋敷台所修復積立帳地割絵図一紙付) 1. イズ ダイジテン : シジョウ ハクブツカン. 静岡県伊豆の国市韮山字韮山1番地に、代官であった江川家の邸宅が現存しており、江川邸と呼ばれ一般公開されている。主屋は「江川家住宅」として、1958年(昭和33年)5月14日付けで国の重要文化財に指定され、1993年(平成5年)12月9日付けで蔵、門などの付属建物並びに土地が重要文化財に追加指定された。現在は1967年に設立された財団法人江川文庫の所有である。 公益財団法人江川文庫所有の重要文化財は以下のとおり。 1.

伊豆大事典 - 伊豆学研究会

email: oqonup@gmail.com - phone:(651) 435-2575 x 1664

かがやくきもち - ぶんか社 - ヴァインホルト 中高ドイツ語小文法

-> コミュニケーション - 池村六郎
-> 平蔵の母 - 逢坂剛

伊豆大事典 - 伊豆学研究会 - 石井香織 ピュアホワイト 石井香織


Sitemap 1

伊豆大事典 - 伊豆学研究会 - 村尾次郎 神の森と人間